タップして閉じる

看護局ブログ

2018年05月14日30年度新人看護職員研修《食事介助技術》2018年05月14日

当院には摂食嚥下障害看護認定看護師が2人います。
この日は、いつもと違い「おいしい研修」でもありました。

20180514001.jpg

机の上には お煎餅と水。15時30分から研修とは、なんとよいタイミング。
 「ゆっくり、ゆっくり飲み込みをしてください。」
 背中を丸め、下顎をつきあげ、ゴックン。
 「首を上に向けて飲み込むのがいかに困難か、理解できますか? 高齢者には特に危険なので、介助する方法にも注意を要します。」

20180514002.jpg

20180514003.jpg

口腔内の汚れ・細菌は、排泄物に匹敵するといわれ、肺炎の原因になりかねません。食事の介助ばかりに目を向けるのではなく、「食べる・口腔内清潔・肺炎予防・生きがいにつなげる」を大切にしようと考えられる研修でした。
ごちそうさまでした。