タップして閉じる

教育&キャリアUP

新人看護師指導体制

看護の基礎だけではなく、
職業人としての心構えや
価値観を身につける

旭中央病院では、新任の看護師が新しい職場環境に適応できるよう、
所属スタッフみんなで指導することを原則としています。
基本的な看護の知識や技術だけではなく、組織人、職業人としての
心構えや価値観なども身につけられるようサポートしていきます。

新人看護師一人ひとりに、経験の豊富な先輩の看護師がグループでつき、一定の期間しっかりと指導を行っていく教育体制をとっています。
看護モデル、心の支えとなる人、ジョブコーチといわれる人、相談役など多様な指導陣で支援していきます。

グループ制、新人看護師指導体制の特長

  • 心身ともに安定した状態で、職場環境に適応していくことができます

    新人看護師がはじめて実際の患者様を目にしたとき、どんなに知識を持ち、実習を重ねていても戸惑いや葛藤を感じるものです。そのため先輩看護師が職場環境に早い段階で慣れるよう、指導・ケアを行います。いつでも誰にでも支援を受けられるよう、グループ指導体制をとっています。

  • 一人ひとりに合わせた指導で、早い段階で日常業務が遂行できるようになります

    当院では年間教育計画に基づきつつ、新人看護師一人ひとりの個別性を重視しています。習熟度をチェックリストにそって把握し、それぞれに合わせた段階的な指導を行うことで、日常業務をスムーズに遂行できるようサポートしていきます。

  • 社会人としての基本的な姿勢、価値観を身につけることができます

    看護の現場では、老若男女さまざまな年齢・立場の人に接することになります。一人前の社会人として、また組織人、職業人としての基本姿勢や価値観も同時に身につけられるようサポートします。