タップして閉じる

教育&キャリアUP

認定看護師会 インタビュー

当院におけるチーム医療の魅力

  • 救急看護髙木チーム救命で最善を尽くす、
    すべては患者さんのために

     救命救急センター病棟は、突然の手術や入院で集中治療を必要とする患者さん(小児内科を除く)を常時受け入れており、救命科医師をはじめとする各科医師、看護師、薬剤師、臨床工学技士、理学療法士、言語聴覚士、検査技師、栄養士、医療ソーシャルワーカーなど様々な職種のスタッフが、チームで集中治療を支えています。

     重症患者さんの看護はとても繊細で緊張感があり、治療過程の中で疑問が生じる時もありますが、私達のチームは誰にでも相談しやすい環境であり、誰に相談してもすぐに対応できることから、チームでいることの強みを日々実感しています。

     チームメンバーは各専門分野の立場から、患者さんにとって最良の方法を考えてくれます。そういった姿勢を受けて私達もまた、より良い方法は何なのか考え続けることが出来ています。プロ意識を持ってお互いが最善を尽くし、患者さんの社会復帰を支援するこの姿勢こそが、チーム医療の魅力と考えます。

  • 感染管理佐々木安心安全な環境は
    多職種間の連携と協働から

     当院では、患者や職員が新たな感染症に感染することを予防するために、感染対策委員会が設置され、実働チームとして感染対策チーム【Infection Control Team:ICT】が活動しています。ICTは、私達、感染管理認定看護師【Infection Control Nurse:ICN】の他に、医師・薬剤師・検査技師などの多職種で構成されています。

     感染対策は、多職種間の連携と協働が必須です。例えば、耐性菌の伝播予防では、患者から耐性菌が検出されたら、検査技師がICNへ伝達し、ICNは、医師や薬剤師へ感染対策や抗菌薬について相談をしたり、現場の感染対策の確認や変更の依頼をしたりします。このように、ICNはICTや、ICTと現場の連携におけるパイプ役や感染対策の実践者としての役割を果たしています。これからも、患者や職員へ安心安全な環境を提供できるように、チームの連携を高めていきたいと思います。

  • 糖尿病看護宮原すべての職種に関わる看護師は、
    チーム医療の「コーディネーター役」

     チーム医療という観点から見ると、看護師はあらゆる職種に広く関わりを持っている立場だといえます。ですから私たちがチームの中で「コーディネーター役」として動いていくことができれば、チーム医療の活動もよりスムーズに展開していけるのではないかと感じています。

  • 手術看護廣井様々な職種と
    連携しながら力を発揮できる

     私が考える当院におけるチーム医療の魅力は、一人の患者様の手術のために職種や部署の垣根を超えて協力し、それぞれの力を発揮できることです。

     手術を安全に行うには様々な職種の力が必要で、普段の手術室では外科医、麻酔科医、看護師、臨床工学士が働いています。TAVIのような高難度医療になると従来の手術スタッフに加え、内科医や放射線技師、アンギオ室看護師、アンギオ室臨床工学士などとも協働しています。術後のカンファレンスではその日の振り返りから、今度はどうすればより良くなるのかを忌憚なく話し合っています。これだけ多くのスタッフが集まる中で働いていると、患者さんのために、チームのために自分には何ができるのか考え大変刺激になります。 メンバーが変わっても患者さんのためにそれぞれの力を発揮できることがチームの良さだと感じています

  • 皮膚・
    排泄ケア越川
    患者さんにとって
    より良いサポートをするためのチーム医療

     褥瘡対策チームの一員として活動していますが、チームの中では医師、看護師、理学療法士、管理栄養士、薬剤師などの様々な職種がそれぞれの分野のエキスパートとして意見を出し合いながら活動しています。例えば褥瘡の治療は医師が行いますが、それだけではなく、ポジショニングについては理学療法士が、栄養面については管理栄養士が実践やアドバイスを行います。

     在院日数が短縮してきているなかで褥瘡が治りきれないまま在宅へ帰ることもあり、そのような場合は在宅ではどのような支援を行えるのか、医療ソーシャルワーカーや退院調整看護師とも連携を図りながら検討します。 チーム医療はそれぞれの立場や存在を認め合うことができなければ、成り立たないと考えています。チームが円滑に活動できるように常にコミュニケーションを意識して、今後も患者さんにとってより良いサポートをしていきたいと思います。

私の看護観(最も大切にしている想い)

  • 透析看護髙尾その人にとっての
    最良の選択を一緒に考える

     透析療法は生涯続く治療です。透析療法には血液透析と腹膜透析の2種類があります。透析療法以外にも末期腎不全の治療には腎臓移植や透析をしないという選択もあります。

     医療が進歩を遂げ選択肢が増えました。ですが情報量が多くなりすぎて、何が自分にとって良いのかわからないという患者さんも多くなっています。選択した結果は同じでも、選択した理由は一人ひとり違います。患者さんが生きていく上で何を大切にしていて、なぜその選択をするのかを共有し、選択した後も「その人らしく生きていけるように」よきパートナーとして支えていきたいと思っています。

  • がん化学
    療法看護金芳
    治療中の思いに寄り添い
    患者さんの持つ力を信じる看護

     化学療法センターにはがん薬物療法を受ける患者さんが多数いらっしゃいます。治療をするつらいお気持ち、治療効果が得られた時の喜ばしい気持ちを、共に分かち合う寄り添った看護をモットーとしています。時にくじけそうになる患者さんの『その時の気持ち』を大切に受け止め、支えていきたいと思っています。小さな悩みも、患者さんにとっては大きな決断の繰り返しです。全ての悩みを私達が解決することは難しいですが、一緒に悩み考え、一歩ずつ納得のいく決断を支えていきます。

     また自分だけの知識・技術に固執せず、あらゆる専門スタッフと協力を得ながら、チームで連携した医療を行うことで、より患者さん・ご家族の求める医療に沿えるのではないでしょうか。私達医療者が一枚岩になり、患者さんそれぞれが持つ本来の‘力’を信じ、「私が歩んできた道に後悔はない」と思って頂けるような医療を提供していきたいです。

  • 新生児
    集中ケア飯髙
    「看護にできないことはない」と
    自分自身に常に問いかける

     私の部署は言葉を持たない子どもたちが対象ですので、その子たちの寝ている表情とか、泣いているひとつ表情などわずかな情報からメッセージを読み取る能力が求められます。それを現場で実践するうえで、ときには難しいこともありますが、私は一番のポリシーとして、「看護にできないことはない」と常に自分に言い聞かせています。

     看護師も病院という組織の中の一員ではありますが、私たちのちょっとした努力や工夫次第で看護の質を上げていけるはずだと思い、常に「本当にそれでいいのだろうか」という問いを忘れないようにしています。

  • 摂食嚥下
    障害看護掛巣
    『食べる』を支えるために、
    看護師だからできること

     食事には、様々な楽しみがつまっています。食材の香りや色合い、触感や舌ざわり、もちろん味、そして食事を楽しむ雰囲気など。食事を通じてこうした楽しみを味わうことは、生きる意欲に直結します。ですが、病気や加齢により「口から食べる」ことが困難な状況に陥ってしまう方が少なからず存在します。

     私は「食べる」ためのお手伝いをするために、「お口の掃除」「食べるための準備運動」「安全に食べられるものの提案・調整」「食べた後の注意点」を考慮しながら、美味しく召し上がっていただけるように関わらせていただいています。  「食べる、食べたい」を支えられるように精進し、「人」を「良く」する、「食」を目標に支えていきたいと思っています。

  • 緩和ケア信太人生を走り抜く人の
    伴走者でありたい

     皆さんは自分が辛く苦しい状況にある時、誰かにそばにいて欲しいと思われたことはありませんか?実際に隣にはいなくても気にかけてくれる人がいると感じただけで、心強く頑張ることができる気持になったりするのでないかと思います。

     私が緩和ケアの分野を目指したのは、人にとって「死」は避けられないものですが、その人の最後の時間に看護師としてそばに寄り添うことで、ここで最後を迎えて良かったと思って頂ける時間を作りたいと思ったからです。

    緩和ケアは終末期だけでなく診断時から治療期にも必要と言われています。ある時は治療をやり抜くため、ある時は人生の最終段階を迎えるまでの伴走者として求められる伴走方法は様々ですが「人(人生)を支える」目的は変わりません。 【緩和ケア】は特別なケアではなく【看護の基本】だと思います。そこに専門知識を足しながら、これからも患者さんとご家族と一緒に走って(時には歩いて)いきたいと思います。

新人、若手に向けて一言メッセージ

  • 精神科認定鈴木難しさや忙しさは、
    いずれ自分自身の糧になる

    メンタルヘルスは、身体の健康と切っても切り離せない大切なものです。ただとても難しい領域で、新人のうちは大変な忙しさもあると思います。

    しかし最近では、「リエゾン」という新しい役割の看護師がかけ橋となり、円滑な看護ができるようになってきました。忙しい状態は大変な時期もありますが、いずれ必ず、自分自身の糧になってくれるものだと思います。

  • 集中ケア伊藤患者さん・家族に
    寄り添える看護を目指して

     集中治療室というと患者さん・家族ともに危機的状態の中にいるため、治療が先行し看護なんかないと思っていませんか。もちろん患者さんを救命するため、治療が先行してしまうかもしれません。でも、患者さんを救命できた時、私達、看護師の大きな喜びにもなります。

     また、患者さんや家族の少しの変化も逃さずにベッドサイドにいることができ、寄り添えることができるのが集中治療室での看護師の醍醐味、魅力なのではないかと考えています。ベッドサイドにいるからこそ、患者さんの声にならない声や家族の声をゆっくり聴くことができ、看護に活かしていけます。患者さんが退院の時に「その節はお世話になりました」と丁寧に挨拶に来てくれることもあり、この時は、看護師になってよかったなと感じる瞬間で、この経験は、貴重で看護師として大きな成長に繋がります。

  • 小児救急
    看護大島
    よりよい看護を
    看護を一緒に!

     社会はスピーディで多様化しています、医療の世界も例外ではありません。基礎教育を受け国家試験に合格すれば「どこでも看護師としてやっていける」という業種ではなくなってきています。教育体制が整っている施設で認定看護師や専門看護師といったより能力を高めたい・よいケアをしたいといったモチベーションの高い看護師がいる環境は、看護師という専門職を始めるには必要な環境ではないでしょうか。

     一方で新人・若手の皆さんと「教える・支援する」などの関わりを通じて、私たちが学ぶ・気付かされるということもたくさん経験していますので、「新人・若手」という存在は私たち経験のある看護師にとって必要な存在だと感じています。
     よりよい看護を創造するパートナーとして、患者さん・家族へ一緒にケアができるとよいですね。

  • 乳がん看護新井田患者さんの持つ
    「力」を信じる

     多くの人にとって「がん」という事実は衝撃だといえます。乳がんと診断された衝撃の中で、患者さんは治療選択をしなくてはなりません。特に乳がんは治療によるボディーイメージの変容を伴うため、なかなか決めきれないことがあります。新人の頃は、迷う気持ちに寄り添うという意味が理解できませんでした。

     しかし、経験や勉強を重ねて、言動の理由や背景を捉えることができるようになりました。そして今、患者さんには乗り越える「力」があることを信じて、迷いや不安に寄り添うことに意義を感じています。

  • 手術看護香取人との関わりとコミュニケーションを
    大切にして看護の力につなげる

     私は、幼少期の入院がきっかけで『人の助けになる仕事につきたい』と思い、看護師を目指しました。きっかけも目指す看護師像も十人十色だからこそ、それが看護チームの良い味になると私は感じています。 2年目の頃、悲しい現実に突きつけられた患者と関る中で、私は思わず患者と一緒に泣き、それを共感だと勘違いしていました。先輩方は、『気持ちを理解することは大切であるが、ただ一緒に泣くことは看護師の役割ではないこと・成長すればよいこと』を厳しく優しく教えて下さり、様々な人に支えられ今の私がいます。

     人との関わりが少なくなっている現代ではありますが、看護は“人を看る仕事”です。看護師になってからの数年は、つらい・厳しいと感じることもあるかもしれません。悩んだときは、仲間や先輩に相談し、人との関わりとコミュニケーションを大切にして、素直な心で学び続けることが看護力を磨く近道です。共に学び続けていきましょう。