タップして閉じる

部署紹介

部署紹介

退院支援室

ブランディング
急性期医療が終了した段階で患者さんやご家族が望む生活の場で暮らせるよう、関係職種と連携し、チーム体制で退院後も切れ目ない医療・看護・介護が受けられるよう多職種と協働し退院調整を行います。

私たちの看護の思い

 患者さんが病気や障害を抱え、どこで療養したいと思うか意思決定の支援を行います。また今後の治療・療養について、患者さんやご家族と医療従事者があらかじめ話し合う、自発的なプロセスの機会を主体的に作っていきます。 在宅退院調整の際、在宅の生活情報をもとに病院の看護援助を在宅の援助方法へ変換しシンプルにします。そのために地域と連携し、地域支援者と共に暮らしを看護するという思いを大切にしています。